バイアグラジェネリックのカマグラについて詳しく説明します。安くて効果もあるので人気です!

バイアグラジェネリックのカマグラ

バイアグラジェネリックのカマグラ

殆どの男性はある一定の年齢を超えた時点で男性機能が低下してしまいリビドーはあっても男性器が十分に硬くなることがなく女性との性交の際に挿入が困難になってしまったり、あるいは硬さがあっても行為中にそれを維持できなくなってしまいます。これをEDといい、特に中高年の男性には悩みの種であり性行為の成功率を大きく変えてしまい、女性も症状の為に性的欲求を満たす事ができなくなってしまいます。

お互いの欲求を満たすために症状を改善してくれる薬にバイアグラというED治療薬があります。古くからあるため信頼性も高く、男性の悩みを解決してくれます。他にもレビトラやシアリスといった薬もありますが、知名度も高いことからこの薬を愛用する男性も多いですが病院からの処方のみが薬の入手方法となり保険がきかないので毎回の行為で使用することはコスト的にも負担が大きくなってしまいます。

そこでお勧めなのがバイアグラのジェネリックであるカマグラという薬です。カマグラとは、先発薬同様に成分をシルデナフィルとし、勃起抑制酵素ですPDE5を阻害してくれ、それと同時に血行を良くする効果があるので血液が男性器の海綿体へと流れやすくなり、硬さのある勃起や行為中の勃起を持続させてくれます。

バイアグラジェネリックのカマグラ

カマグラの他にもバイアグラのジェネリックは多数あり、中でも価格も安く錠数も多いゼネグラが人気となっています。カマグラは効き目が現れるまでに約1時間ほどかかるので、行為前の1.5時間前ほどで服用するようにすると性行為中にしっかりとした効き目を実感できます。一気に血液の巡りが良くなるので副作用として頭痛や鼻づまり、顔が赤く火照ったり目の充血が起こる事がありますが、効きはじめの証拠でもあるので多少のことは心配ありません。

5時間ほど作用が持続するため1回の行為では十分な時間になり、その間は男性器をサポートし続けてくれる為楽しいセックスライフを送ることが再びできるようになります。ジェネリックは海外への注文となる薬になるため、到着までにはある程度の日数がかかるのでその点を考慮した上で購入してみて下さい。

ゼネグラ

カマグラのメカニズム

カマグラのメカニズム

カマグラとは世界初のED治療薬として有名なバイアグラのジェネリックであり薬価を約1/3にほどで抑えることができるため、長期の服用や使用頻度が高い人でも経済的な負担をかけることなく先発薬と同様の効果を得ることができます。

まずEDは糖尿病や動脈硬化あるいは神経系の病気によっておこる器質性と呼ばれるものと社会生活で感じ続けているストレスあるいはその人がもっているコンプレックスやトラウマなどによって発症する心因性と呼ばれる2種類があり、これらが同時に引き金になる場合を混合性と呼びます。またAGAの治療で用いられるプロペシアなどの服用により副作用としてリビドーが減退してしまったり勃起ができなくなってしまう薬剤性と呼ばれるものがありますが、これは他の薬の副作用によっておこることなので、服用を中止する事で症状が改善されることが殆どです。

中高年の病気として考えられていましたが、現在では若者にも症状が現れるようになり心因性が原因で勃起ができなくなってしまうケースが多いと言われ、年齢を問わず男性であれば発症し他人事ではなくなってきています。

カマグラは心因性、器質性を問わずどちらにも効果があり、バイアグラと同一成分であるシルデナフィルが勃起を抑制しているPDE5を阻害し陰茎内の血管を拡げやすくし血行も一時的に良くなるため大量の血液が陰茎の海綿体に集まりやすくなります。このシルデナフィルの作用により硬く太さのある勃起ができ、また性交中勃起を維持することが出来るようになり、性交の成功率を高めパートナーは勿論、薬を服用している男性自身も性的欲求を満たすことが出来るようになります。

カマグラの種類

カマグラの種類

カマグラには、種類は2つあり、インド国内で販売されている商品がカマグラゴールドで、輸出用として扱われているのが、カマグラの2種で、ジェネリックとはいえいずれも有効成分はバイアグラの有効成分となるシルデナフィルなので、違いはないはずなのですが、呼び名を分けている理由は不明です。唯一バイアグラとの違いがあるとすればその種類の豊富さで、錠剤タイプは3種類あるとされています。

それらすべてに先にもあげたとおりバイアグラの有効成分であるシルデナフィルが配合されており、副作用や併用禁止薬なども同じになっているのですが、それぞれの錠剤タイプに応じて体内への吸収させる方法が異なることより、そのため全く同じ作用を持つことは保障できないとされております。錠剤以外にもチュアブルタイプやゼリータイプもあります。

カマグラには成分量が50mgと100mgの2種類存在し、日本人の体形に合うとされているのは50mgですが、50mgでは本来の期待されるだけの効能が期待できないと感じる人が多いようなので、もし気になる方は100mgでも問題はないと思いますが、もし、100mgを服用時に副作用のような症状を感じた場合には、100mgをピルカッターなどを用いて半分にすることで50mgとして服用もできます。

また、このカマグラは、日本では販売していないので、専門医師などに通院し処方してもらうといったような正規ルートでは調達することはできません。購入する際は通販サイトを利用しましょう。

バイアグラジェネリックのカマグラ

ピックアップ

カマグラの使用方法は? カマグラを安く購入する方法 カマグラ服用の注意点 EDの主な原因とは? 三大ED治療薬の比較 68歳でもカマグラで復活(体験談)